強迫性障害の治療効果

強迫性障害の治療とその効果などについて述べてみたいと思います。


現在、強迫性障害の治療には薬物療法とカウンセリングが中心であり、行動療法と併用する事によってより高い治療効果をあげています。


強迫性障害患者は、脳内神経伝達物質であるセロトニンの働きが弱っている為、薬を服用して
セロトニンを増加させる事で症状の改善を促します。


抗強迫性障害薬としては、クロミプラミン、フルボキサミン、パラオキセチンなどが使用され、これらの薬がセロトニンを増加させる事が出来ます。


続きを読む

強迫性障害の辛い症状

強迫性障害とは、普通の人が一回か二回で済む事が、何回も同じ事を繰り返してしまう非常に厄介な病気です。


例えば、トイレの後などに必要以上に手を何回も洗わないと気がすまなかったり、ドアの鍵を
閉め忘れたかどうか心配になり、何回も確認してしまうのです。


強迫性障害は、強迫観念や強迫行為を伴った繰り返される異常行動なのです。


当の本人はこの行為が不条理な事だとわかっていますが、それでも何十回と繰り返してしまうので止めたくても止められない辛さが本人を苦しめるのです。


このような状態になると、社会的生活に支障してしまいますので、専門医による治療が必要となり、認知行動療法と薬物療法によって治療しなければなりません。

続きを読む

強迫性障害にオルゴール療法

強迫性障害を克服するのは容易な事ではなく、その症状も日常生活に影響を及ぼす程非常に
辛いものなので、治療に際しては根気強く行うことが重要です。


一例を挙げますと、石鹸一個が全部無くなってしまうまで手を洗い続け、強迫観念の為に
何回手を洗っても気がすまない状態が続くのです。


きっと普通の人が見たらその異常な行動に驚かれる事でしょう。


強迫性障害の治療法としては、薬物治療と行動療法が一般的になっていますが、オルゴール療法と言うちょっと変わった方法で効果を上げている患者さんもいらっしゃいます。


強迫性障害が脳の病気であり、音が脳に直接作用する性質のものである事を考えると、理にかなっているように思えます。


オルゴール療法は強迫性障害だけでなく、様々な疾患にも有効な治療法であり、脳の機能を正常にする事を目的としています。

続きを読む

強迫性障害の具体的症状

強迫性障害とは、どのような病気なのが探ってみる事にしましょう。


強迫性障害になると、頭の中に何度も同じ観念が浮かんできて、意志の力では止める事が
出来なくなります。こうなると集中力が妨げられ、非常に苦痛に感じます。


ひどくなると、日常生活に支障を来たす場合もあるようです。


強迫観念の具体的例としては、家の鍵をちゃんとかけてきたかどうかとか、ガスの元栓を閉めたかどうかなど、気になりだすとそうした考え何度も繰り返され、止められなくなってしまいます。
続きを読む

強迫性障害を知る

強迫性障害とは、頭の中に浮かんでくる様々な不安な考えをコントロールできなくなる病気であり、人口の約2.5%がこの病気で苦しんでいます。


強迫性障害には強迫観念と強迫行動があり、観念のみの人と行動まで伴う人に分けられ、強迫行動を起こす人はこうした不安から逃れようとして、何回も同じ行為を繰り返してしまいます。


しかし強迫観念と強迫行動の両方で苦しんでいる人が、非常に多いのが実情ではないかと思われます。


強迫性障害患者の一番辛い要因は、頭の中にある強迫観念が不合理で無意味であると自覚しているにも拘らず、沸き起こってくる考えを自分でコントロール出来ない点で、このどうしようもない状態に、ますます不安が募る事となるのです。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。