強迫性障害の具体的症状

強迫性障害とは、どのような病気なのが探ってみる事にしましょう。


強迫性障害になると、頭の中に何度も同じ観念が浮かんできて、意志の力では止める事が
出来なくなります。こうなると集中力が妨げられ、非常に苦痛に感じます。


ひどくなると、日常生活に支障を来たす場合もあるようです。


強迫観念の具体的例としては、家の鍵をちゃんとかけてきたかどうかとか、ガスの元栓を閉めたかどうかなど、気になりだすとそうした考え何度も繰り返され、止められなくなってしまいます。


強迫性障害の人は、頭の中だけでこうした不安に囚われ続ける人と、これに強迫行為が加わり、実際に何度も同じ行為を繰り返す人とがいます。


強迫行為は、強迫観念を打ち消そうとして繰り返される行為であり、何度も手を洗ってしまう
洗浄強迫、その人の独特の行動を繰り返す反復強迫、鍵のかけ忘れなどを何回も確認したくなる確認強迫、整理整頓を何度もしてしまう整頓強迫などに分けられます。


強迫性障害の治療法としてよく知られているのが、行動療法と薬物療法ですが、その他にも
様々な治療法があり、効果的とされているのが、フラッディング法、モデリング法、系統的脱感作法、曝露反応妨害法、エクスポージャー、思考停止法などです。


どの治療法が自分に一番あっているのかは、医師による診察やカウンセリングによってわかりますので、症状に悩んでいる方は思い切って受診される事をお勧めします。
この記事へのコメント
私もこの病気だと思います。本当に辛いんですがやめられません。
Posted by たけし at 2009年10月29日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。