強迫性障害の辛い症状

強迫性障害とは、普通の人が一回か二回で済む事が、何回も同じ事を繰り返してしまう非常に厄介な病気です。


例えば、トイレの後などに必要以上に手を何回も洗わないと気がすまなかったり、ドアの鍵を
閉め忘れたかどうか心配になり、何回も確認してしまうのです。


強迫性障害は、強迫観念や強迫行為を伴った繰り返される異常行動なのです。


当の本人はこの行為が不条理な事だとわかっていますが、それでも何十回と繰り返してしまうので止めたくても止められない辛さが本人を苦しめるのです。


このような状態になると、社会的生活に支障してしまいますので、専門医による治療が必要となり、認知行動療法と薬物療法によって治療しなければなりません。


認知行動療法は、あえて不安や恐怖場面に直面させて、本人が持っている考え方を変えて
認知の歪みを修正する方法です。


薬物療法は、選択的セロトニン再取込み阻害薬(SSRI)や、クロミプラミンと呼ばれる
三環系抗うつ薬、それと併用して抗不安薬が使用されます。


強迫性障害を完全に治すのは容易な事ではありません。


こうした治療法の他に、日常生活においてリラックス法などを実践し、ストレスケアに努める
事が必要でしょう。


強迫性障害は社会生活を営む事が非常に困難になる為に、専門医だけでなく家族の方々などにも助けてもらい、一日も早く克服してほしいところです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。