強迫性障害の治療効果

強迫性障害の治療とその効果などについて述べてみたいと思います。


現在、強迫性障害の治療には薬物療法とカウンセリングが中心であり、行動療法と併用する事によってより高い治療効果をあげています。


強迫性障害患者は、脳内神経伝達物質であるセロトニンの働きが弱っている為、薬を服用して
セロトニンを増加させる事で症状の改善を促します。


抗強迫性障害薬としては、クロミプラミン、フルボキサミン、パラオキセチンなどが使用され、これらの薬がセロトニンを増加させる事が出来ます。


副作用としては吐き気などがありますが、これには吐き気止めを服用するで半月ほどで解消されます。


また、ベンゾジアゼピンを始めとする様々な抗不安薬も使用され、強迫性障害患者特有の不安を抑えます。


その他にも、医師の判断により症状に応じて様々な薬が使用されます。


カウンセリングにおいては、患者の症状の具体的な内容や度合いをしっかりと把握する事が
重要になってきます。


さらに行動療法を併用する事によって治療効果を上げる事が出来るので、強迫性障害の治療にはこれらの複数の方法を試す事が必要となってきます。


強迫性障害の治療を成功させる為には、自分に合った薬の使用、十分なカウンセリング、
患者自身の行動療法への積極的な取り組みが重要であり、その相乗効果が確実な治療を
可能にするのでしょうね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121085198
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。