強迫性障害とは?カテゴリの記事一覧

強迫性障害を知る

強迫性障害とは、頭の中に浮かんでくる様々な不安な考えをコントロールできなくなる病気であり、人口の約2.5%がこの病気で苦しんでいます。


強迫性障害には強迫観念と強迫行動があり、観念のみの人と行動まで伴う人に分けられ、強迫行動を起こす人はこうした不安から逃れようとして、何回も同じ行為を繰り返してしまいます。


しかし強迫観念と強迫行動の両方で苦しんでいる人が、非常に多いのが実情ではないかと思われます。


強迫性障害患者の一番辛い要因は、頭の中にある強迫観念が不合理で無意味であると自覚しているにも拘らず、沸き起こってくる考えを自分でコントロール出来ない点で、このどうしようもない状態に、ますます不安が募る事となるのです。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。